English | サイトマップ
メディア・センター

トピックス

2017/3/31 東京都主催「民間におけるファンドを活用した福祉貢献型建物の自律的な整備促進等に関する検討会」において、委員として参画したA. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアが、実績のあるファンド事業者として数々の提言をし、取りまとめられた報告書が公表されました。
http://www.kaikeikanri.metro.tokyo.jp/fundkentoukai.htm
2016/12/15 2016年末・年始のご挨拶
2016年末・年始のご挨拶 (iPhone/iPad用)
2016/10/12 週刊高齢者住宅新聞(2016.10.12号1面)
「国の基金で高齢者住宅 - 18年春 都内に AIP」と題し、AIPヘルスケアジャパンが、一般社団法人環境不動産普及促進機構(Re-Seed機構)が運用する基金を元に、有料老人ホームを建設することについての記事が第一面に掲載されました。 pdf
2016/10/3 日経産業新聞(2016. 10.3号18面)
環境や耐震性に配慮した不動産整備を促進するため国の基金を運営する一般社団法人環境不動産普及促進機構(Re-Seed機構)における初の高齢者施設新規建設案件として、共同にて東京都大田区に80室の有料老人ホームを建設することについて「AIPヘルスケア/政府系と高齢者施設建設」と題した記事で報じられました。
2016/10/3 耐震・環境不動産形成促進事業ファンドを組成
弊社は一般社団法人環境不動産普及促進機構(以下、Re-Seed機構)の耐震・環境不動産形成促進事業のファンド・マネージャーとして選定され、弊社を無限責任組合員、Re-Seed機構を有限責任組合員とする投資事業有限責任組合(以下、LPS)を組成しました。LPSはSPCを通じて東京都内に一定の環境性能を有する高齢者施設の開発・運用を行い、高い環境性能を有する良質な不動産を整備することを目指します。
http://www.re-seed.or.jp/news1/detail/37
2016/2/24 日本経済新聞(2016. 2.24号)
東京都官民連携福祉貢献インフラファンドに関して、弊社のファンドが東京都より25億円の出資を受ける契約が締結されたことについて「高齢者施設など整備でファンド 都、官民連携で設立」と題した記事で報じられました。
2016/2/22 官民連携福祉貢献インフラファンドを組成
2016年2月12日付にて「AIP都内福祉貢献投資事業有限責任組合」の組成を完了しました。本組合は弊社を無限責任組合員、東京都を含む複数の有限責任組合員(開示を承諾していただいた組合員:東銀リース株式会社、芙蓉総合リース株式会社)により構成されています。今後、都内の福祉貢献型建物の整備促進を目指していきます。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2016/02/20q2m900.htm
pdf
2016/1/6 月刊プロパティマネジメント2016年1月号(発行:綜合ユニコム株式会社)
特集記事「ヘルスケア不動産事業の経営増強・規模拡大戦略」におきまして「有力出口の取得要件/REIT・ファンドの規模成長をサポート」としてAIPヘルスケアジャパンの取材記事 「都心、大規模、複合施設案件へ着手 投資家向けヘルスケア施設を供給」が掲載されました。
2015/12/17 2015年末・年始のご挨拶
2015年末・年始のご挨拶 (iPhone/iPad用)
2015/10/26 日経ヘルスケア別冊「高齢者住宅開設・運営パーフェクトマニュアル」
(2015年9月30日刊)(発行:日経BP社)
「第9章 ヘルスケアリート」において、AIPヘルスケアジャパンの取材記事が掲載されました。
2015/10/23 東京都よりファンドマネジャーとして選定
東京都が組成する「官民連携福祉貢献インフラファンド」のファンドマネジャーとしてAIPヘルスケアジャパンが選定され、東京都から25億円の出資を受けることが決まりました。当該ファンドは「東京国際金融センター」構想に向けた取組の一環として、都内における子育て支援施設を含む福祉貢献型建物の整備促進を図ると同時に、多世代がともに暮らす建物である「東京都版CCRC」の整備を目指します。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/10/20pan400.htm
2015/9/24 弊社が会員である「高齢者住宅経営者連絡協議会」がリビング・オブ・ザ・イヤー2015年度・ファイナリストを発表いたしました。当該賞はより一層の高齢者住宅の品質・安全の向上、業界発展に寄与することを目的としており、大賞は10月15日(木)に選出されます。
http://kokeikyo.com/archives/category/living_info/lv2015 pdf
2015/6/16 週刊高齢者住宅新聞(2015.6.10号1面)
「AIP 開発型投信 都内で複合施設建設」と題し、AIPヘルスケアジャパンが東京都心部で新規開発した複合型施設を組み入れる開発型ヘルスケアファンドについての記事が第一面に掲載されました。 pdf
2015/5/27 日本経済新聞(2015.5.23号3面)
「ニチイ学館、老人ホーム、複合型に 医療モールやスーパー併設 都心で整備、REITを活用」と題し、AIPヘルスケアジャパンが組成したビルド・トゥ・スーツ(BTS)型ファンドを通じて東京都中心で初めて実現できる大規模な複合型高齢者施設に関する記事が掲載されました。
2015/5/11 月刊介護保険(2015.5月号)
「暮らしに寄り添う高齢者住宅 第26回」に「ヘルスケアリートを通じて次世代の高齢者住宅を創成」と題したAIPヘルスケアジャパン代表のバリー・ハーシュフェルド・ジュニアの記事が掲載されました。 pdf
2015/4/10 不動産適正取引推進機構が主催する「第九回不動産再生研究会」における講演「ヘルスケアリートへの期待と課題〜日本初ヘルスケア施設特化型リート『日本ヘルスケア投資法人』の取組み」の議事概要と講演資料が掲載されました。
http://www.retio.or.jp/research/research01.html
2015/4/8 トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社 (2015.3.31 付)
日本ヘルスケア投資法人 (資産運用会社: 大和リアル・エステート・アセット・マネジメント、アドバイザー: AIPヘルスケアジャパン) が、トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社主催の「DEALWATCH AWARDS 2014」不動産投資信託証券部門<J-REIT Deal of the Year>に選ばれました。受賞の理由として「高齢化が進む日本において、社会的なニーズに応えるために本邦初のヘルスケア特化型REITとして上場を果たした。NHIの登場でヘルスケア市場の活性化と拡大に期待が集まった。」と高く評価されています。pdf
2015/4/8 キャピタル・アイニュース(2015.4.1 付)
日本ヘルスケア投資法人 (資産運用会社: 大和リアル・エステート・アセット・マネジメント、アドバイザー: AIPヘルスケアジャパン) がキャピタル・アイAwards “BEST DEALS OF 2014” の不動産投資信託証券部門のBEST DEAL OF 2014に選ばれました。受賞の理由として、「国内初のヘルスケア特化型 REIT。市場の期待に応え、今後の拡大に弾みを付けた。社会貢献と安定した収益性を訴求し、幅広い投資家の需要を創出。初値は公開価格を 48%上回り、アフターマーケットも良好だった。」と高く評価されています。
https://c-eye.ne.jp/
2015/3/24 弊社が加盟する「高齢者住宅経営者連絡協議会」が下記シンポジウムを開催致します。
『第3回高齢者住宅経営者連絡協議会シンポジウム開催のお知らせ』
http://kokeikyo.com/archives/1444.html
2015/3/15 不動産経済ファンドレビュー(2015.3.15号)(発行:不動産経済研究所)
「Focus」“リートの病院投資解禁へ最終調整 - 国交省ガイドラインが病院流動化促すか”において、AIPヘルスケアジャパンの取材記事が掲載されました。pdf
2015/3/1 月刊シニアビジネスマーケット(2015.3月号)
注目企業レポート:「ヘルスケア投資業界の先駆者としてオペレーターの新規開発も支援」と題して、AIPヘルスケアジャパンの記事が掲載されました。 pdf
2015/2/26 東京にて開催された「シニアビジネスマーケットフォーラム」にて、「ヘルスケア施設の新規建築に寄与する「Build to Suit」型投資とは」についてAIPヘルスケアジャパン代表のA. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアが、また、「ヘルスケアREITへの期待と課題」についてマネージング・ディレクターの安藤滋が講演をしました。
2014/12/28 日経ヴェリタス(2014.12.28 号)
日本ヘルスケア投資法人 (資産運用会社: 大和リアル・エステート・アセット・マネジメント、アドバイザー: AIPヘルスケアジャパン) が日経ヴェリタスの「プロが選んだディール・オブ・ザ・イヤー2014」のIPO部門で第三位(REITとしては第一位)に選ばれました。
2014/12/15 2014年末・年始のご挨拶
2014年末・年始のご挨拶 (iphone / ipad 用)
2014/12/10 高齢者住宅新聞(2014.12.10 号) 1 面
「AIPヘルスケアジャパン「開発型投資」強化」と題してAIPヘルスケアジャパン代表のA. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアのインタビュー記事が掲載されました。
2014/12/5 社名変更のお知らせ
ヘルスケア業界への更なる貢献を祈念して、エイ・アイ・ピー・ジャパン合同会社から、AIP ヘルスケアジャパン合同会社へと社名を変更しました。
2014/11/25 日経産業新聞(2014.11.25 号)
「100 億円超の投資可能に - ヘルスケアのリート上場」“高齢者施設を複合化”と題して AIP ジャパン代表のA.バリー・ハーシュフェルド・ジュニアのインタビュー記事が掲載されました。
2014/11/5 日本経済新聞(2014.11.5 号)
「日本ヘルスケア、初値5 割高 高齢者施設に民間マネー」と題した、日本初ヘルスケア施設特化型REIT である日本ヘルスケア投資法人の 上場に関する記事が掲載されました。AIP ジャパンは、同投資法人の資産運用会社である大和リアル・エステート・アセット・マネジメントと協働して成長をサポートしていきます。
2014/11/5 朝日新聞DIGITAL(2014.11.5 号)
「日本ヘルスケア投資法人、3 年で資産規模1000 億円を想定=社長」 と題した記事に、AIP ジャパンのコメントが掲載されました。
2014/8/5 ヘルスケア分野への貢献を評価され、「高齢者住宅経営者連絡協議会」への入会が承認されました。
http://kokeikyo.com/mokuteki.html
2014/5/26 NHK ワールドの NEWSLINE において、「Housing the Elderly」と題されたヘルスケアリートに関するニュース内にて、AIP ジャパンが取り上げられました。 (英語のみ)
2014/5/26 日本経済新聞(朝刊 5 面)に、「ヘルスケア専門 AIP がファンド
大和やスター銀出資」と題する記事が掲載されました。
2014/5/15 不動産経済ファンドレビュー(2014.5.15 号)
「ヘルスケア施設はオペレーターで見極める
中立性を保ちオープンマインドで臨みたい」と題して
AIP ジャパン代表の A. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアのインタビュー記事が掲載されました。
2014/4/2 高齢者住宅新聞、「第1号商品、年内上場へ 大和証券母体、有料ホームに投資」において、日本ヘルスケア投資法人のアドバイザーとして参画した AIPジャパンが紹介されました。
2014/3/31 日経不動産マーケット情報
「【戦略】日本ヘルスケア投資法人が 8 物件、90 億円規模で運用開始」において、国内初のヘルスケア施設特化型 REIT「日本ヘルスケア投資法人」が 3 月 28 日に私募での運用を開始したとの記事が掲載されました。今秋以降、東京証券取引所に上場する計画です。同投資法人の運用会社は大和証券グループの大和リアル・エステート・アセット・マネジメントで、AIP ジャパンが同社とアドバイザリー契約を締結し、施設管理やオペレーター選定などの面でノウハウを提供して行きます。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/nfm/news/20140328/657110/
2013/12/25 「日本初のヘルスケア施設特化型投資法人『日本ヘルスケア投資法人』の設立について」
AIPジャパンは、大和証券グループ本社、大和リアル・エステート・アセット・マネジメントと共同名にて発表いたしました。pdf
2013/12/13 2013年末・年始のご挨拶
2013/9/20 AIPジャパンは「FITチャリティ・ラン2013」のスポンサーとして協賛いたします。
2013/8/11 日経ヴェリタス(2013年8月11日号)
「REIT維新 - すべての道はREITに通ず」において、期待が高まるヘルスケアリートに関して、AIPジャパン代表のA.バリー・ハーシュフェルド・ジュニアのコメントが掲載されました。
2013/4/20 「日経不動産マーケット情報」2013年5月号の特集
「開けるかヘルスケア投資市場 - 注目浴びる面倒で小粒なアセット」において、AIPジャパンの取り組みやマネージング・ディレクター安藤滋のコメントが掲載されました。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/books/nfm/20130417/611815/
2013/3/1 月刊シニアビジネスマーケット、3月号の「ヘルスケアREITの組成に向け、豊富な実績を踏まえ投資対象を拡大へ」において、活況を呈してきた高齢者施設・住宅向け投資とAIPジャパンの今後の戦略について紹介されました。pdf
2012/12/14 2012年末・年始のご挨拶
2012/12/10 月刊プロパティマネジメント12月号において、AIP-Japanマネージング・ディレクターの安藤滋が参加した、国土交通省による「ヘルスケア施設供給促進のための不動産証券化手法の活用及び安定利用の確保に関する検討委員会」の第1回検討委員会(10月5日開催)に関して、レポートとして掲載されました。pdf
2012/12/6 野村證券主催の「野村インベストメント・フォーラム (通称CEOフォーラム) 2012」にて「ヘルスケアリートをどう考えるか?」のパネルディスカッションに、AIP-Japanマネージング・ディレクターの安藤滋がパネリストとして参加しました。
2012/11/3 The Institutional Real Estate Letter – Asia Pacific 10月号の「Age-Old Problem: The Senior Housing Market in Asia Offers New Solutions for Investors」にて、AIP-Japan代表のA. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアの日本の高齢者施設への取り組みと投資機会に関するコメントが掲載されました。
2012/10/16 Denver Business Journal (10月12-18日号)の「Hirschfeld Jr. focusing on international trade efforts」にて、米国コロラド州(AIP-Japan本社所在地)を世界に向けて情報発信しているAIP-Japan代表のA. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアの活躍ぶりが紹介されました。(英語のみ)pdf
2012/10/11 国土交通省により設置された「ヘルスケア施設供給促進のための不動産証券化手法の活用及び安定利用の確保に関する検討委員会」の第1回検討委員会(10月5日開催)において、AIP-Japanマネージング・ディレクターの安藤滋が投資家代表としてヘルスケア施設向け投資に関して説明しました。(開催案内・配布資料)
http://www.mlit.go.jp/totikensangyo/totikensangyo_tk5_000016.html
2012/10/3 アジア非上場不動産投資家協会(Asia Association for Investors in Non-listed Real Estate Vehicles (ANREV))のメンバーシップコミッティの副会長に、AIP-Japan代表のA. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアが任命されました。(英語のみ)
http://www.anrev.org/
2012/9/12 東京にて開催されたARES 不動産投資国際フォーラム2012にて「日本の私募不動産市場における内外資金の運用」のパネルディスカッションに、AIP-Japan代表のA. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアがパネリストとして参加しました。 http://www.ares.or.jp/forum2012/ja/program.html
2012/9/12 東京にて初開催されたPERE フォーラム:日本2012にてシニアハウジングについてのパネルディスカッションに、AIP-Japan代表のA. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアがパネリストとして参加しました。
2012/4/10 シンガポールにて開催された高齢者住宅セミナーの“Ageing Asia Investment Forum”にてAIP-Japanが日本の大手介護事業者とともに日本の介護マーケット及び施設運営について講演しました。
2012/4/5 高齢者住宅新聞、「経済評論家の亀岡太郎のシニアビジネスの成功者達:トップ対談」でAIP-Japan代表のA.バリー・ハーシュフェルド・ジュニアが紹介されました。
2012/3/8 東京にて開かれた「シニアビジネスマーケットフォーラム」にて「高齢者住宅ビジネスの成長戦略と不動産ファンドが果たす役割」について講演しました。
2012/3/1 月刊シニアビジネスマーケット、3月号の「高齢者住宅・施設に特化した投資を通じて「不動産」と「キャピタル」マーケットの架け橋へ」で、介護施設の投資においてAIPジャパンの投資戦略と介護分野における豊富なノウハウが紹介されました。pdf
2011/12/16 2011年末・年始のご挨拶
2011/10/30 日経ヴェリタスに、ニッセイ基礎研究所の不動産分野の実務家・専門家のアンケート調査により高齢者向け施設が「今後、 価格上昇や成長が期待できるセクター」の3位として紹介されました。
2011/10/11 香港にて開かれた高齢者住宅セミナーの“Retirement Communities World Asia”にてAIPが日本の大手介護事業者と共に日本の介護マーケット及び施設運営について講演しました。
2010/12/17 2010年末・年始のご挨拶
2010/8/7 日本経済新聞(朝刊4面)に、「独立系投資会社エイ・アイ・ピー・ジャパンが介護施設ファンド創設 3年で最大750億円投資」と題する記事が掲載されました。
2009/12/17 2009年末・年始のご挨拶
2009/1/19 Denver Business Journal (2008年12月26日-2009年1月1日号)の「Denver Business Dynasties: Hirschfeld Jr. follows own career path」にて、AIP-Japan代表のA. バリー・ハーシュフェルド・ジュニアが特集され、AIP-Japan設立に至るまでの記事が掲載されました。(英語のみ)pdf
2007/12/3 月刊シニアビジネスマーケット、12月号の「シニア・ヘルスケア事業投資の現況」で、医療機関の投資において、先駆者的な役割を果たすAIPジャパンの投資戦略と病院再生における豊富なノウハウが紹介されました。pdf
2007/10/8 日経ヘルスケア、10月号の医療ファンドの活用法に関する記事中で、AIPジャパンの病院再生事業の実績が紹介されました。
2007/4/5 日本経済新聞、医療の質の向上に向けた医療ファンドの取り組みに関する1面記事で、AIPジャパンが主要な医療・介護ファンドの一つとして紹介されました。
2007/2/1 月刊シニアビジネスマーケット、2月号でインディペンデンス・ヘルスケアの医療機関向け経営支援サービスが紹介されました。
2007/1/10 日本経済新聞 「成長を考える キーワード―国民皆保険制度」の記事中で、代表取締役兼CEOのバリー・ハーシュフェルドの日本の医療制度に関するコメントが掲載されました。
2006/11/18 週刊ダイヤモンドの巻頭特集「銀行がなくなる日−メガバンクを侵食する異業種パワー」で、病院再生5兆円市場で存在感を増すAIPジャパンの充実したサービスが紹介されました。
2006/9/6 日経産業新聞、「病院ファンド続々―ファンド、付加価値向上で収益、病院、財務改善、診療に専念」の記事中で、AIPジャパンが病院ファンドの先駆けとして紹介されました。
2006/7/17 日本経済新聞 「整理回収機構の元幹部 病院・介護施設を支援、ファンドと連携 財務を健全化」の記事中で、病院再生を数多く手がけるAIPジャパンの新たな取り組みが紹介されました。
2006/7/1 月刊プロパティマネジメント、7月号の「投資対象としてのシニア・ヘルスケア事業」特集でAIPジャパンが紹介されました。pdf
2006/6/19 日本経済新聞 「人脈追跡 独立系ファンドに新勢力、小回り利かせ、『御三家』を追撃」記事中で、地方企業の事業再生を手がけて独自性を発揮している「AIPジャパン」が、新興の独立系ファンドの一つとして紹介されました。
2005/11/29 沖縄タイムス 「流銀、再生ファンドで提携 / あおぞら銀など3社と」
2005/11/29 琉球新報 「企業再生し債権回収へ  流銀があおぞら銀など3社と提携」

ページトップへ戻る

©2014 AIP Healthcare Japan GK All rights reserved.